メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちば記者日記

泣き寝入りしないで /千葉

 「私の田んぼがひどいことになった」。南房総市宮下の農業、高橋成行さん(71)から電話をもらったのは6月半ばのこと。行ってみると、3週間前に植えた稲が20センチほどで立ち枯れていた。高橋さんは「だれかが枯葉剤をまいたようだ」という。

 高橋さんは15年前、東京都内から夫婦で移住した。健康食品の開発に携わった経験から、稲作もミネラルを豊富に含んだ肥料を使うなど…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです