メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちば記者日記

泣き寝入りしないで /千葉

 「私の田んぼがひどいことになった」。南房総市宮下の農業、高橋成行さん(71)から電話をもらったのは6月半ばのこと。行ってみると、3週間前に植えた稲が20センチほどで立ち枯れていた。高橋さんは「だれかが枯葉剤をまいたようだ」という。

 高橋さんは15年前、東京都内から夫婦で移住した。健康食品の開発に携わった経験から、稲作もミネラルを豊富に含んだ肥料を使うなど…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです