メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/1 模索(その2止)

 

「絶好のチャンス、決断を」

 2017年2月、シンガポールの車事情を視察に訪れたあいおいニッセイ同和損害保険の建守進(44)は、中心部から北へ約15キロの工業地域シンミンに向かった。雑居ビル1階にライドシェア(相乗り)の東南アジア最大手、グラブの「運転手登録場」があり、若者から年配者まで100人を超える人でごった返していた。「すごい熱気だ」。建守は目を見張った。

 スマートフォンで名前や住所などを登録し、安全講習を受ければ運転手になれる。所得が低くて車を買えない…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです