メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

プラスチックごみの海洋汚染 危機感ない日本政府=論説委員・鴨志田公男

荒川の土手に散乱するプラスチックごみ=高田秀重・東京農工大教授提供

微細に破砕 魚介蓄積

 新たな地球環境問題として、プラスチックごみによる海洋汚染が注目を集めている。欧州やアフリカでは使い捨てプラスチックの規制が進み始めた。周囲を海に囲まれ、さまざまな恵みを受けている日本は率先して対策の先頭に立つべきなのに、政府の動きは鈍く、危機感が感じられない。

生態系や健康に悪影響

 環境NPO「荒川クリーンエイド・フォーラム」事務局の藤森夏幸さん(27)の案内で先月、東京湾に注ぐ荒川の河口から上流約3キロ地点を訪ねた。護岸近くはヨシが茂り、オオヨシキリのさえずりがにぎやかだ。

この記事は有料記事です。

残り2303文字(全文2553文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです