メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IMF

世界経済見通し 日欧成長、下方修正 貿易戦争「脅威」

 【ワシントン清水憲司】国際通貨基金(IMF)は16日、最新の世界経済見通しを発表した。世界経済の成長率は2018年、19年とも3・9%と、前回(4月)見通しを維持した。一方、日本の18年の成長率見通しは1~3月期のマイナス成長を反映し、前回予測から0・2ポイント引き下げ、1・0%とした。

 IMFはトランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争を「短期的に最大の脅威」と懸念。中国や欧州などとの報復合戦で企業心理が悪化すれば、国内総生産(GDP)を世界全体で約0・5%押し下げるとの試算を示した。

 日本の19年の成長率予想は0・9%に据え置いた。米国は18、19年とも2%台後半の堅調な成長が続く…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです