メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IMF

世界経済見通し 日欧成長、下方修正 貿易戦争「脅威」

 【ワシントン清水憲司】国際通貨基金(IMF)は16日、最新の世界経済見通しを発表した。世界経済の成長率は2018年、19年とも3・9%と、前回(4月)見通しを維持した。一方、日本の18年の成長率見通しは1~3月期のマイナス成長を反映し、前回予測から0・2ポイント引き下げ、1・0%とした。

 IMFはトランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争を「短期的に最大の脅威」と懸念。中国や欧州などとの報復合戦で企業心理が悪化すれば、国内総生産(GDP)を世界全体で約0・5%押し下げるとの試算を示した。

 日本の19年の成長率予想は0・9%に据え置いた。米国は18、19年とも2%台後半の堅調な成長が続く…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです