中国

WTO提訴でも応酬 米国の追加関税検討受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・赤間清広】中国商務省は16日、トランプ米政権が2000億ドル(約22兆円)規模の対中追加関税の検討に入ったことを受け、世界貿易機関(WTO)に追加提訴したと発表した。

 中国はトランプ政権が今月6日、米通商法301条に基づく340億ドル規模の対中制裁を発動した際にもWTOに提訴している。中国…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集