デジタル

ゲームに見せかけ偽アプリ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「スーパーマリオラン」の偽アプリ。インストール時にゲーム内容と関係ないような部分へのアクセスを求める=トレンドマイクロ提供
「スーパーマリオラン」の偽アプリ。インストール時にゲーム内容と関係ないような部分へのアクセスを求める=トレンドマイクロ提供

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 スマートフォン(スマホ)向け人気ゲーム「スーパーマリオラン」や「ポケモンGO」に見せかけウイルスを感染させる「偽アプリ」が横行。個人情報を抜き取られる被害が出ている。

 ●見た目はそっくり

 正規品と見た目は同じ偽アプリ。インストールするとスマホ内の連絡帳や画像、インターネットの閲覧履歴などの情報を抜き取られてしまうほか、画面いっぱいに広告表示が表れる迷惑なタイプも。遠隔操作機能のあるウイルスを忍ばせ、知らないうちに通話を録音されていたり、カメラで撮影されたりする悪質なものも登場している。

 情報セキュリティー大手・トレンドマイクロ(東京都渋谷区)によると、2016年9月に公開された任天堂のゲームアプリ「スーパーマリオラン」の偽アプリは翌年3月末までに34種類が確認された。中にはクレジットカード情報をだまし取る悪質なものも。社会現象にもなった「ポケモンGO」でも、日本での配信が始まる直前の16年7月上旬から中旬にかけての約2週間で149件発見され、計3900万回以上ダウンロードされて…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1351文字)

あわせて読みたい

注目の特集