メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

朝乃山、1敗守る

石浦(左)を押し出しで降した朝乃山=ドルフィンズアリーナで2018年7月16日、兵藤公治撮影

9日目(16日・ドルフィンズアリーナ)

 関脇・御嶽海が大翔丸を危なげなく寄り切り、ただ一人、全勝を守った。1敗の朝乃山は石浦を押し出して快勝したが、遠藤は豊山に突き出されて2敗に後退。玉鷲を辛くも退けた大関・高安、明生を圧倒した栃煌山は2敗を守った。大関・豪栄道は輝を上手投げで降し、6勝目を挙げた。

 =十両勝負=

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1457文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです