メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

東海第2原発 400人避難訓練「渋滞対策も必要」

避難先の取手市に向かうためバスに乗り込む住民ら=東海村村松の同村総合福祉センターで

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の過酷事故に備えた同村の広域避難訓練が16日実施され、参加した住民約170人が約90キロ先の同県取手市まで避難した。東京電力福島第1原発事故後に定めた国の原子力災害対策指針に基づく同村の訓練は昨年に続き2回目で、村外への移動は初めて。村は訓練結果を検証し、年度内に広域避難計画を策定する予定。

 今回の訓練には、村民のほか、同村や取手市、国や県警など関係機関の職員ら計約400人が参加。原子炉停止中に使用済み核燃料プールの水位が低下して放射性物質漏えいの恐れが生じた想定で実施された。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです