メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

東海第2原発 400人避難訓練「渋滞対策も必要」

避難先の取手市に向かうためバスに乗り込む住民ら=東海村村松の同村総合福祉センターで

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の過酷事故に備えた同村の広域避難訓練が16日実施され、参加した住民約170人が約90キロ先の同県取手市まで避難した。東京電力福島第1原発事故後に定めた国の原子力災害対策指針に基づく同村の訓練は昨年に続き2回目で、村外への移動は初めて。村は訓練結果を検証し、年度内に広域避難計画を策定する予定。

 今回の訓練には、村民のほか、同村や取手市、国や県警など関係機関の職員ら計約400人が参加。原子炉停…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文901文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです