神戸・中3自殺

再調査委が初会合 いじめ有無など調査へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、市の再調査委員会の初会合が16日午前、神戸市内で開かれた。今後、いじめ防止対策推進法に基づいて関係者などから聞き取りをし、いじめの有無や学校側の対応の問題点などを改めて調査する。次回は8月上旬の予定。

 一連の問題を巡っては、学校は自殺直後に…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文332文字)

あわせて読みたい

ニュース特集