特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

倉敷・真備町「堤防」の応急工事完了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
決壊した堤防の復旧工事が続けられていた=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月12日、本社ヘリから加古信志撮影
決壊した堤防の復旧工事が続けられていた=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月12日、本社ヘリから加古信志撮影

 岡山県倉敷市真備町地区に大規模な浸水被害を引き起こした堤防の決壊について、国土交通省は16日、小田川と高馬(たかま)川の3カ所の応急工事が完了し、堤防が元の高さでつながったと発表した。

 小田川の応急工事では、堤防の決壊箇所に高さ5~7メートルの盛り土をして、上からシートをかぶせた上で川側に大型の土…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

あわせて読みたい

注目の特集