メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

プロ野球全球場で募金活動 

中日の松坂大輔投手(左)らの呼びかけで募金に協力するファンたち=名古屋市東区のナゴヤドームで2018年7月16日午後4時28分、梶原遊撮影

 西日本豪雨の被災者支援のため、プロ野球の選手たちが16日、試合が開催された6球場で募金活動を行った。ナゴヤドームでは、広島の選手会長の会沢や大瀬良、緒方監督が中日の選手らと行った。阪神は巨人戦を前に甲子園球場で福留、鳥谷、藤浪らが義援金を呼びかけ、ほかの4球場でも両チームの選手らが協力してファンに…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  3. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです