メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『くろちゃんとツマと私』『ロシアの躁と鬱』

◆『くろちゃんとツマと私』南伸坊・著(東京書籍/税別1300円)

◆『ロシアの躁と鬱 ビジネス体験から覗いたロシア』中尾ちゑこ・著(成文社/税別1600円)

 南伸坊が事物に出会い、咀嚼(そしゃく)してゆく刻々の自分を活写するスタイルが、ますます冴(さ)えわたってきたな……と、まずは感服した。とくに、“ツマ”とのツッコミとボケを導入しつつ、なぜこの事実が面白いのかを語るワザに、納得しながら笑いをさそい出され、シンボー流の術中にはまった快感のトゲが、次々と私の頭や心や体に突き刺さってゆく、痒(かゆ)みと痛みの連鎖がたまらない。

 タイトル『くろちゃんとツマと私』にある“くろちゃん”はオスの黒猫だが、くろちゃんと私とツマとの駆け引き合戦をふくむ遊びのシーンにあらわれる、“知”の探り合いに似たゲームもこの本の肝(きも)。夫婦の無邪気なイタズラのプランの応酬と、それに対する“くろちゃん”のしたたかな反応ぶりの中で、人間と猫が互角の物腰で、必死のせめぎ合いをくりひろげるところがミソ。とにかく、キモとミソが満載されているのだ。

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです