メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

映える和装、男性魅了 学生がイベント 低価格商品も

スマートフォンで和装の姿を自撮りする学生たち=東京都渋谷区の国学院大キャンパスで2018年7月6日

 和服といえば女性が着るものとのイメージが強いが、近年は若い男性にも裾野が広がっている。低価格で気軽に着られる和服が登場し、イベントなどに浴衣姿で訪れると入場料が割り引かれる機会も増えた。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で「映える」というニーズも人気を支えているようだ。【庄司哲也】

 東京・上野にある男性着物の専門店「藤木屋」。6月以降、浴衣のシーズンを迎えて客が店内に入りきれず、列もできるようになった。「店員が対応できず、お客様を帰してしまったことが何度かあります。客層の中心は20~30代です」と話すのは木寺幹社長(37)。

 木寺社長は元々、大手アパレルメーカーに勤務していたが、和服好きが高じて2012年に開店した。売り上…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館 /群馬
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 東洋の魔女に「吉報」届かず 東京五輪・パラ チケット抽選結果発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです