メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

チェンライの子供たち

 「チェンマイ、ではなくチェンライ……ですか?」。海外渡航経験がないまま30代も半ばを過ぎた2003年、突然タイへの出張を命じられた。行き先は「洞窟からの救出」で世界の注目を集めているチェンライ。現地の青少年に農業指導をしている日本人男性の取材だった。

 空路バンコク経由で到着したチェンライは古い寺院が多い素朴な街。当時のメモに、出迎えの3人と共にした昼食代が282バーツ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです