第100回全国高校野球

茨城大会 シード水城敗れる 土浦日大は圧勝 16強出そろう /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念茨城大会(県高野連など主催)は17日、ノーブルホームスタジアム水戸など4球場で3回戦計8試合が行われ、16強が出そろった。昨夏優勝の土浦日大と昨夏4強の藤代はコールド勝ちで4回戦進出を決めた。一方、春夏各1回の甲子園出場経験があるシード校の水城が下妻一に敗れた。18、19日は調整日のため試合がなく、20日に同スタジアムなど4球場で4回戦計8試合が行われ、8強が決まる。【川崎健、庭木茂視】

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1301文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい