連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

黒獅子旗 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都市対抗野球大会の優勝チームに渡る黒獅子旗は、戦争による混乱で行方不明となった時期があります。

 第16回大会(1942年)で優勝したのは、日本が植民地支配する朝鮮半島のソウル市代表に相当する「全京城」でした。旗は京城へと渡りました。翌年から大会は中断し、戦後の46年8月に後楽園で開かれた第17回大会で復活しました。旗は戻ってこず、関係者も半ばあきらめていたようです。優勝したのは岐阜市の大日本土木。賞状だけが渡されました。

 ところがその後、同年10月に大日本土木の応接室で授与されることとなりました。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文839文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集