メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮津灯籠流し花火大会

あなたの思い、夜空に 実行委が協賛者募集 /京都

灯籠が浮かぶ宮津湾にメッセージを添えて打ち上がる花火。あなたの参加を募っている=京都府宮津市で、安部拓輝撮影

 夜空に咲かせてあなたの花火--。宮津市で8月16日に催される宮津灯籠(とうろう)流し花火大会では、来場者がメッセージ付きの花火を打ち上げることができる。大正時代にお盆の送り火と花火大会が一体化した歴史があるのだ。琵琶湖や大阪の花火大会ほどの規模ではないが、見る人の思いが夜空に打ち上がるのは日本らしい風情がある。実行委は20日まで花火の協賛者を募っている。【安部拓輝】

 宮津の灯籠流しは江戸時代から続くとされる。お盆に迎えた亡き人を海の向こうの世界にかえす送り火の意味…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです