メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮津灯籠流し花火大会

あなたの思い、夜空に 実行委が協賛者募集 /京都

灯籠が浮かぶ宮津湾にメッセージを添えて打ち上がる花火。あなたの参加を募っている=京都府宮津市で、安部拓輝撮影

 夜空に咲かせてあなたの花火--。宮津市で8月16日に催される宮津灯籠(とうろう)流し花火大会では、来場者がメッセージ付きの花火を打ち上げることができる。大正時代にお盆の送り火と花火大会が一体化した歴史があるのだ。琵琶湖や大阪の花火大会ほどの規模ではないが、見る人の思いが夜空に打ち上がるのは日本らしい風情がある。実行委は20日まで花火の協賛者を募っている。【安部拓輝】

 宮津の灯籠流しは江戸時代から続くとされる。お盆に迎えた亡き人を海の向こうの世界にかえす送り火の意味…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです