メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

土砂災害、死者99人 31道府県で863件

 西日本豪雨に伴う土砂災害が31道府県で863件起き、死者は99人で行方不明者が2人いることが、国土交通省のまとめで明らかになった。2014年8月に広島市で発生した土砂災害の死者数77人(災害関連死含む)を上回り、平成最悪となった。土砂災害による死者数は、全体の半数近くを占めている。

 17日午後1時現在、山の土砂や岩が雨と一緒に流れ出す「土石流」が275件(死者64人)▽急斜面が崩れ落ちる「崖崩れ」が551件(35人)▽地下水などの影響で斜面の一部がそのままずり落ちる「地滑り」が37件(0人)--となっている。

 広島県は今回の豪雨でも土砂災害が248件起き、68人が亡くなるなど全国で最も被害が出た。内訳は土石流189件(59人)と崖崩れ58件(9人)、地滑り1件(0人)。その他は、愛媛63件(17人)▽京都19件(3人)▽兵庫58件(1人)▽岡山37件(3人)▽山口60件(3人)▽福岡57件(2人)--など。土砂災害で100人以上の死者・行方不明者が出たのは、220人に上った長崎大水害(1982年)以来…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです