メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

土砂災害、死者99人 31道府県で863件

 西日本豪雨に伴う土砂災害が31道府県で863件起き、死者は99人で行方不明者が2人いることが、国土交通省のまとめで明らかになった。2014年8月に広島市で発生した土砂災害の死者数77人(災害関連死含む)を上回り、平成最悪となった。土砂災害による死者数は、全体の半数近くを占めている。

 17日午後1時現在、山の土砂や岩が雨と一緒に流れ出す「土石流」が275件(死者64人)▽急斜面が崩れ落ちる「崖崩れ」が551件(35人)▽地下水などの影響で斜面の一部がそのままずり落ちる「地滑り」が37件(0人)--となっている。

 広島県は今回の豪雨でも土砂災害が248件起き、68人が亡くなるなど全国で最も被害が出た。内訳は土石…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです