参院選挙制度改革

6増きょう成立 「抜本改革」自民強弁 矛盾・懸念取り合わず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院定数を「6増」する公職選挙法改正案の採決を強行する平沢勝栄委員長(中央)と抗議する野党議員たち(左)と採決を促す与党議員たち(右)=国会内で2018年7月17日午前11時39分、川田雅浩撮影
参院定数を「6増」する公職選挙法改正案の採決を強行する平沢勝栄委員長(中央)と抗議する野党議員たち(左)と採決を促す与党議員たち(右)=国会内で2018年7月17日午前11時39分、川田雅浩撮影

 与党は参院定数を6増する公職選挙法改正案を、17日の衆院政治倫理・公選法改正特別委員会(倫選特)で可決させた。改正案は非拘束名簿式の参院比例代表に一部拘束名簿を導入するなど、多くの矛盾や懸念をはらむが、提出した自民党は「抜本改革だ」と強弁。議論が尽くされないまま成立を強行する構えだ。

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1606文字)

あわせて読みたい