メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

岸田氏に対応一任 総裁選での結束確認 派閥臨時総会

「宏池会」の緊急総会を終え、記者の質問に答える岸田文雄自民党政調会長(中央)=東京都千代田区で2018年7月17日、藤井太郎撮影

 自民党岸田派(48人)は17日、東京都内で臨時総会を開き、9月の総裁選について同派会長の岸田文雄政調会長に対応を一任することを決めた。派内には岸田氏出馬を求める主戦論と慎重論の双方がある。岸田氏は総裁選への態度を明らかにしておらず、記者団には22日の国会閉会後に決める考えを示した。

 出席者によると、会合では松山政司1億総活躍担当相ら3氏が発言。いずれも一任を支持するものだった。岸田氏は…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです