メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継がれぬ遺志

「マンデラ後」の南ア/上 「空き地に住んで何が悪い」 不法居住区に220万世帯

 見渡す限り広がる小屋、小屋、小屋……。どれも廃材やトタン板で作ったものだ。その数は数千戸。「昨年11月には数十戸だったのに、あっという間に広がった」。南アフリカの最大都市ヨハネスブルクの南約50キロのロウリーにあるスクオッターキャンプ(不法居住区)。小高い丘の上からセブンティーン・ラックスさん(56)は、小屋が密集する様子を指さしながら話した。

 南アでは、人口の1割程度の白人が多数派の黒人らを差別し支配するアパルトヘイト(人種隔離)体制が続い…

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです