米露首脳会談

トランプ氏、露の介入否定 プーチン氏に同調 米大統領選

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同記者会見終了後、握手をしようと手を上げるトランプ米大統領に対し、一瞬身構えるプーチン露大統領=ヘルシンキのフィンランド大統領公邸で16日、高本耕太撮影
共同記者会見終了後、握手をしようと手を上げるトランプ米大統領に対し、一瞬身構えるプーチン露大統領=ヘルシンキのフィンランド大統領公邸で16日、高本耕太撮影

 【ヘルシンキ高本耕太、モスクワ大前仁】トランプ米大統領は16日、プーチン露大統領との首脳会談後の共同記者会見で、ロシアによる2016年米大統領選への介入問題に関して「なぜロシアが選挙に干渉するのか理由が見当たらない」と強調した。介入を改めて否定したプーチン氏に同調するように、ロシア疑惑の捜査を「災難」「ばかげている」と言い切り、冷戦後最悪とされる米露関係の改善を演出しようとした。

 トランプ氏はロシア疑惑について「かなりの時間を割いて協議した」と述べる一方、米露の関係悪化には「両国に責任がある」と強調。プーチン氏は「米国の内政に干渉したことは一度もなく、今後もしない」と従来の主張を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文766文字)

あわせて読みたい

注目の特集