メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

守りの農業を選ぶ若者たち=農業ジャーナリスト・青山浩子

 今年5月末に発表された「平成29年度食料・農業・農村白書」は、2000人弱の若手農業者へのアンケート結果を掲載している。ここから見えてくるものは、堅実な考えを持つ農業者像だ。

 日本の農業のあり方に対し、「海外にも目を向けるべきだ」(35・1%)より「国内で国産シェアの回復をめざすべきだ」(48・7%)が多い。今後伸ばしたい販売先は、「消費者への直販」が約57%で、中外食業者や直売所(ともに25%弱)を引き離している。高齢化に伴う生産力の低下を背景に、国内市場の確保が最優先で、直販を通じ、消費者ニーズを把握したいという現実的な考え方が垣間見える。

 農業の魅力を問うと、「もうけの可能性の大きさ」より、「裁量や時間の自由度が大きい」「自然や動物相手…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです