メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

会場建設、急ピッチ 開幕まで2年、都が公開

2020年の東京五輪まで約2年となり、整備が続く選手村=東京都中央区で2018年7月17日、佐々木順一撮影

 東京都は17日、開幕まで24日で残り2年となる2020年東京五輪に向け、都が建設を進めている晴海ふ頭の選手村(中央区)と臨海部の4競技会場を報道陣に公開した。選手村の現場では、無数のクレーンが動き、五輪期間中、各国選手ら1万8000人が滞在する宿泊棟の建設を急ピッチで進めていた。

 選手村は、約44ヘクタールの都有地に宿泊棟(14~18階建て)…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 「東京マラソン・ショック」 各地の大会も相次ぎ中止 専門家は「背景に責任論」

  5. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです