メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

参院6増きょう成立へ 渋谷秀樹・立教大大学院教授(憲法)/只野雅人・一橋大大学院教授(憲法)

渋谷秀樹・立教大大学院教授

 自民党などが国会に提出した参院定数を6増する公職選挙法改正案が、18日に成立する見通しだ。埼玉選挙区の定数を2増し、比例代表は4増した上で一部に当選順をあらかじめ定める拘束名簿式の「特定枠」を導入。二つの合区で政党が公認できない候補者を、特定枠で優遇する狙いがある。改正案の問題点を識者に聞いた。

特定枠、違憲の恐れも 渋谷秀樹・立教大大学院教授(憲法)

 自民党案は唐突で、改正公選法の付則にある「抜本的な見直し」とはとても言えない。今回の改正案の下でなされた参院選に対して訴訟が提起されれば、違憲判決が出される可能性がある。

 まず、比例代表に特定枠を設けることに問題がある。拘束名簿式の特定枠に登載された候補者は当選する可能…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1371文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです