メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

スリッパ卓球 商店街で、ゆるく真剣に

スリッパを握りしめ、ラリーの応酬を繰り返す。卓球台のエッジをかすめる球やスマッシュに周囲は大盛り上がり

 晴れ渡った空の下、昔ながらの商店街の一角で、その卓球大会は開かれた。参加者が手にしたのは、スリッパ。いったいなぜ? 実行委員長の工藤圭亮(けいすけ)さん(48)=横浜市保土ケ谷区=にご登場いただいた。

 名付けて「全はまスリッパ卓球選手権大会」。大会ルールの冒頭には「公式スリッパのみ使用」とある。「競技用があるのか!」と感心していたら、用意されていたのは暖かそうなモコモコ系から病院で履くようなものまで、大きさも固さもバラバラなスリッパばかり。どれを選んでも「公式」という趣向だ。

 「最初は持参OKにしていました。飾り付けしたスリッパを持ってくる女性がいたら楽しいな、なんて思って…

この記事は有料記事です。

残り1447文字(全文1738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 木下優樹菜が活動自粛 タピオカ店に暴言騒動「仕事ができる状態ではない」(スポニチ)

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです