メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSウイルス

流行早まる 夏も注意、子どもの感染症

過去5年のRSウイルス感染症の患者数

 暑い時期は子どもの感染症に注意したい。従来は秋から冬に流行してきたRSウイルス感染症は、ここ数年流行時期が早まり、夏ごろに始まっていると指摘されている。また、「夏風邪」として代表的な、咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)、手足口病、ヘルパンギーナは、いずれも子どもが集まる保育所や学校などが感染場所となることが多い。夏場に気をつけたい感染症の特徴や、日常生活での注意点などをまとめた。【野田武】

 RSウイルス感染症は、乳幼児の代表的な呼吸器疾患で、入院の主な原因となる病気の一つだ。感染後、鼻水…

この記事は有料記事です。

残り2044文字(全文2291文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです