メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

「家族の幸せ」実感 発達支援教室の指導員・今富優美さん(26)

 言語聴覚士として働く両親を、間近に見ていたからだろうか。幼い頃から「困っている人を助けたい」と思ってきた。大学を卒業し、発達の過程でつまずく子どもたちを支える仕事に就いた。

 教室には、自閉スペクトラム症や注意欠陥多動性障害(ADHD)といった発達障害の子どもや、ダウン症などで知的な遅れがある子どもたちが通う。指導員はそれぞれが必要とする支援を見極め、人との関わり方や学習能力を身に着けられるように後押しする。

 教室を運営する「リタリコ」(東京都目黒区)が掲げるビジョンは「障害のない社会をつくる」。多様なサー…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです