メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

土砂崩れで安否不明になっていた植木将太朗さんを捜索するため、呼びかけに集まった大勢のボランティア=広島市安芸区矢野東で2018年7月11日、手塚耕一郎撮影

広島 団地の自宅に 外出先の母が電話で「早く逃げて…」

 西日本豪雨による土砂崩れで安否不明となり、家族や同級生らが必死で捜索していた広島市安芸区矢野東の高校3年、植木将太朗さん(18)の死亡が18日、確認された。「生きて帰ってきてほしかったのに」。捜索に協力する支援の輪が広がっていただけに、関係者はやりきれない思いで知らせを聞いた。

 植木さんは市立広島工業高に通い、豪雨のあった6日夜は、梅河(うめごう)団地の自宅にいた。住民らによ…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文897文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです