メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラロワ

初代アジアリーグ王者はポノス 日本勢対決制す

「クラロワリーグ アジア」のファーストシーズンを優勝したポノススポーツ(左からライキジョーンズ、みかん坊や、フチ、天GOD各選手)=ソウルで2018年7月15日、スーパーセル提供

 リアルタイム対戦型モバイルカードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(スーパーセル社、以下クラロワ)の公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ アジア」のファイナルが15日、韓国・ソウルで行われ、「PONOS Sports」(ポノススポーツ)が「GameWith」(ゲームウィズ)との日本チーム対決に快勝し、ファーストシーズン王者の座を手中に収めた。

 「クラロワリーグ アジア」は4月27日に開幕し、日本、韓国、その他アジア諸国・地域(中国を除く)の計12チームが約70試合の総当たり戦を繰り広げた。レギュラーシーズン後、6月30日にセミプレーオフ、7月7日にプレーオフを開催。ファイナルはレギュラーシーズンを1位で通過したゲームウィズと、プレーオフを勝ち抜いたポノススポーツが激突した。

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです