メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラロワ

初代アジアリーグ王者はポノス 日本勢対決制す

「クラロワリーグ アジア」のファーストシーズンを優勝したポノススポーツ(左からライキジョーンズ、みかん坊や、フチ、天GOD各選手)=ソウルで2018年7月15日、スーパーセル提供

 リアルタイム対戦型モバイルカードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(スーパーセル社、以下クラロワ)の公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ アジア」のファイナルが15日、韓国・ソウルで行われ、「PONOS Sports」(ポノススポーツ)が「GameWith」(ゲームウィズ)との日本チーム対決に快勝し、ファーストシーズン王者の座を手中に収めた。

 「クラロワリーグ アジア」は4月27日に開幕し、日本、韓国、その他アジア諸国・地域(中国を除く)の…

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2221文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです