メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法案

政府総論に終始 深まらない議論

IR実施法案について答弁する安倍晋三首相(左)。右は石井啓一国土交通相=国会内で2018年7月17日午前10時15分、川田雅浩撮影

 西日本豪雨後の被害が明らかになって初めて安倍晋三首相が国会に出席する場となった17日の参院内閣委員会では、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案に関する審議とともに、豪雨被害の復旧対応と審議のどちらを優先するかが改めて焦点となった。一方で、カジノが違法性のある「賭博」の例外となる根拠についての議論は深まっていない。【野口武則、浜中慎哉】

 「カジノは合法か」。審議では各論を突く野党に、政府が総論で答える展開が続く。

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです