メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田

男児死亡について記者会見で説明する愛知県豊田市教委の鈴木直樹・学校教育課長(左)と籔下隆・市立梅坪小校長=同市役所で2018年7月17日午後5時25分、中島幸男撮影

 愛知県豊田市教育委員会は17日、市立梅坪小1年生の男児(6)が近くの公園で行われた校外学習から戻った後、教室で意識不明となり、搬送先の病院で死亡したと発表した。死因は熱射病としており、籔下隆校長らが市役所で記者会見し「判断が甘かったと言われてもしようがない」と謝罪した。

 籔下校長らによると、校外学習は1年生4学級の児童112人が参加して同日午前9時50分ごろ、約1キロ離れた和合公園へ歩いて行き、昆虫採集や滑り台などの遊具遊びをした。同11時半ごろ学校へ戻ったが、男児は同11時50分ごろに教室で意識不明…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  4. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  5. ORICON NEWS 紗栄子、牧場経営で栃木県への移住決意「自信を取り戻すお手伝い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです