メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法案

「金をゴミにする魔法」 依存体験語る

韓国やマカオのカジノに毎月通っているという男性が示すカジノの入場に必要なカード=東京都内で、飯田憲撮影(画像の一部を加工しています)

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の審議が国会で大詰めを迎える中、数年前から海外のカジノに通う男性(30)が毎日新聞の取材に応じた。高額な賭け金が一瞬で動くスリルにのめりこんだ自身の体験を振り返り、「金銭感覚がまひし、際限のない怖さもある」と中毒の危険性も口にした。

 「勝負に出た時に強烈な快感がある」。今年6月上旬、マカオ最大級のIR施設「ギャラクシーマカオ」のカジノフロア。その一角にあるバカラテーブルで、男性は1枚70万円相当のチップ4枚、有り金280万円分をすべて押し出した。当たれば倍、外れれば全額没収。観衆の歓声が飛ぶ中、めくられたカードは外れ。手元のチップは回収された。

 男性は高校生の時から競馬やパチンコに熱中した。20代半ばで、知人から「1回で1000万円以上勝てる…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです