メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

細田守 映画「未来のミライ」監督 時空超え描く現代の家族

細田守監督=小林祥晃撮影

 実は、映画の「原作者」は現在5歳の長男だという。

 「2年前に長女が生まれ、長男はお兄ちゃんになりました。しばらくしたら、長男が『大きい赤ちゃんに会ったよ』と言うんです。自分より成長してお姉さんのようになった妹の夢を見たらしい。それを聞いて着想したのが今回の物語です」

 20日公開の細田守監督の最新作「未来のミライ」の主人公は、4歳の男の子・くんちゃん。ある時、妹ミライちゃんが生まれ、家族の愛情を妹に奪われてしまう。一人でいじけていると、セーラー服姿の少女に「お兄ちゃん」と呼びかけられる。彼女は未来からやってきた妹のミライちゃん。2人は時空を超えた旅をして、くんちゃんには兄としての自覚が芽生える--。

 この作品で描いているのは4歳児の成長物語だが、もう一つ、問いかけているテーマがある。それは現代の家…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1334文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです