メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

細田守 映画「未来のミライ」監督 時空超え描く現代の家族

細田守監督=小林祥晃撮影

 実は、映画の「原作者」は現在5歳の長男だという。

 「2年前に長女が生まれ、長男はお兄ちゃんになりました。しばらくしたら、長男が『大きい赤ちゃんに会ったよ』と言うんです。自分より成長してお姉さんのようになった妹の夢を見たらしい。それを聞いて着想したのが今回の物語です」

 20日公開の細田守監督の最新作「未来のミライ」の主人公は、4歳の男の子・くんちゃん。ある時、妹ミライちゃんが生まれ、家族の愛情を妹に奪われてしまう。一人でいじけていると、セーラー服姿の少女に「お兄ちゃん」と呼びかけられる。彼女は未来からやってきた妹のミライちゃん。2人は時空を超えた旅をして、くんちゃんには兄としての自覚が芽生える--。

 この作品で描いているのは4歳児の成長物語だが、もう一つ、問いかけているテーマがある。それは現代の家…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです