山下ふ頭再開発

「展示場核に」 見本市開催効果、年4500億円 日本展示会協会 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜市中区の山下ふ頭で大規模展示場を中核とした再開発を目指す横浜港運協会(藤木幸夫会長)は18日、国際見本市の将来性や事業内容に関する講演会を同区で開いた。市民約700人や行政関係者が参加。日本展示会協会の石積忠夫会長は講演で、山下ふ頭での大規模展示場「横浜メッセ」(仮称)建設を提案。カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致ではない活用の形を示した。【堀和彦、田中義宏】

 講演会の冒頭、横浜港運協会の藤木会長は国際展示場の東京ビッグサイト(東京都江東区)を視察した感想に言及し、「広い会場だったが、世界的には小さい。横浜はよい条件が目の前にある」と述べ、重量物に耐えうる岸壁など山下ふ頭が持つ優位性を強調した。今後、同協会として、民間による大規模展示場を中核に▽コンサートや劇場ホール▽中長期滞在型ホテル▽大型クルーズ船拠点を柱とする「マスタープラン」を策定する方針も示…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文664文字)

あわせて読みたい

注目の特集