特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

新潟大会 新潟、日本文理降す ベスト8出そろう /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念新潟大会(県高野連など主催)は18日、新潟市中央区の鳥屋野野球場など4球場で4回戦8試合が行われた。新潟が昨夏優勝校の日本文理を5-3で降し、準々決勝に駒を進めた。新発田は東京学館新潟を延長十回の末、サヨナラ本塁打で降した。準々決勝4試合は21日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで行われる。【北村秀徳】

 新潟はいきなり初回から動いた。日本文理を併殺で抑え、勢いに乗った攻撃を迎えると、先頭打者の松永(3年)が右前単打で出塁。四球、敵失や5番・小野(同)の犠飛で一挙3点を先制した。その後も攻勢を緩めず、八回裏には小野がソロ本塁打を放ち1点を追加。守備でも左右のエース竹石、熊倉や桐本が要所を抑え、日本文理の強力打線を相手にしのぎきった。

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2052文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る