盲学校

資料保存へ 電子化実行委、募金呼び掛け /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立盲学校(甲府市)に残る戦後初期の盲ろう教育の資料を保存しようと、山梨盲ろう教育資料電子化事業実行委員会は募金活動を行っている。

 同校は戦後間もない1949年、国内初の盲ろう教育の機関として発足。国内の目や耳が見えない盲ろう児への教育に影響を与えた。当時の16ミリフィルム映像や音声テープ、本人の点字資料、指導記録…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集