第89回都市対抗野球

日本新薬、中盤追い付き意地 頂点の夢、持ち越し 応援団3500人最後まで声援 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)-日本新薬(京都市)】六回表新日鉄住金鹿島2死一塁、打者・岡崎の時、福盛が二盗を狙うがタッチアウト(遊撃手・板倉)=東京ドームで、渡部直樹撮影
【新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)-日本新薬(京都市)】六回表新日鉄住金鹿島2死一塁、打者・岡崎の時、福盛が二盗を狙うがタッチアウト(遊撃手・板倉)=東京ドームで、渡部直樹撮影

 この無念さを今後の糧に--。東京ドームで開催されている第89回都市対抗野球大会で京都市・日本新薬は茨城県鹿嶋市・新日鉄住金鹿島と対戦し、2-9で敗れ初戦で涙をのんだ。それでも中盤までは持ち味を発揮し、1点を争う緊迫した試合を展開したチームに、地元・京都や首都圏から駆けつけた約3500人の応援団は、スティックバルーンをたたきながら大きな声援を送り続けた。【矢倉健次、前本麻有】

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1731文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい