第89回都市対抗野球

日本新薬、中盤追い付き意地 監督・主将の話 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ミスで負けた 吹石徳一・日本新薬監督

 負けるべくして負けた。守りもそうだし、1点ずつ取っていかなきゃいけないのにバントミスが出た。それでは勝てない。全国大会で勝つには、もっとレベルを上げないといけない。

粘りは見せた 仲間貴紀・日本新薬主将

 投手を中心に守り勝つ野球をしている以上、厳しい展開だった。前…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい