メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

聖徳太子ゆかりの地」 近つ飛鳥の里・太子 大阪府太子町

道の駅「近つ飛鳥の里・太子」の目玉商品は地元産のブドウ。さまざまな種類が豊富に揃う=大阪府太子町山田で、中川博史撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 1996年、大阪府内で2番目に登録された国道166号沿いの「近つ飛鳥の里・太子」。すぐそばには、大阪と奈良を結び「日本最古の官道」と呼ばれる竹内街道が通る。聖徳太子ゆかりの地として知られる太子町は、古代へのロマンをかき立てる。

 ブドウが特産品。運営を町から委託されている運営協議会の辻本佳生会長(76)は「太子産は全部で14種類あるんですよ。ブドウなしでは、駅は成り立ちません」と話す。同じ品種でも、生産者名にこだわって買い求めるファンもいるそうで、いかに品質のよいブドウを手ごろな値段で販売するか、作り手の間での競争が「太子産ブドウ」のブランドを守っている…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです