メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宗佐遺跡

3世紀の竪穴住居確認 谷川から引水の溝も 加古川 /兵庫

宗佐遺跡で見つかった竪穴住居跡=兵庫県加古川市八幡町で、幸長由子撮影

 県教委は18日、加古川市八幡町宗佐の宗佐遺跡で弥生時代後期~古墳時代初め(3世紀)の竪穴住居5棟が見つかった、と発表した。付近を流れていた谷川が戦国時代(16世紀)、洪水で埋没した痕跡も発見され、担当者は「自然災害と格闘しながら水を確保してきた人々の営みが分かる成果だ」と話している。

 東播磨南北道路北工区の改築工事に伴う調…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文405文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです