メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・伊方原発

3号機の抗告審が結審 高松高裁 /香川

 愛媛県内の住民10人が四国電力伊方原発3号機(同県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、第4回審尋が18日、高松高裁(神山隆一裁判長)で開かれ、結審した。仮処分の可否の決定期日は未定。

 審尋は非公開。終了後に高松市内で記者会見した住民側代理人らによると、第3回審尋以降に双方が提出…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです