メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビキニ水爆実験

水爆の記憶、世界に訴え 写真集制作、支援呼び掛け 岡村さん、元船員や遺族撮影 /高知

元船員の遺族を撮影する岡村啓佐さん(右)=高知県宿毛市で、松原由佳撮影

 1954年に太平洋・ビキニ環礁付近で米国が行った水爆実験で被ばくした元船員や遺族の写真集「NO NUKES(核はいらない)」の制作が進められている。12月1日に発刊予定で、クラウドファンディング(CF)や銀行振り込みでの資金支援を呼び掛けている。【松原由佳】

 資金支援を呼び掛けているのは、写真集の作者で市民団体「太平洋核被災支援センター」副代表の岡村啓佐さん(67)。20代の頃から写真を本格的に撮り始め、県内の原爆被爆者や731部隊に関する写真を撮影してきた。

 岡村さんは、編集委員長を務めた元船員らの証言集「ビキニ核被災ノート」の発刊後、ビキニ環礁付近での水…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです