メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ビキニ水爆実験

水爆の記憶、世界に訴え 写真集制作、支援呼び掛け 岡村さん、元船員や遺族撮影 /高知

元船員の遺族を撮影する岡村啓佐さん(右)=高知県宿毛市で、松原由佳撮影

 1954年に太平洋・ビキニ環礁付近で米国が行った水爆実験で被ばくした元船員や遺族の写真集「NO NUKES(核はいらない)」の制作が進められている。12月1日に発刊予定で、クラウドファンディング(CF)や銀行振り込みでの資金支援を呼び掛けている。【松原由佳】

 資金支援を呼び掛けているのは、写真集の作者で市民団体「太平洋核被災支援センター」副代表の岡村啓佐さん(67)。20代の頃から写真を本格的に撮り始め、県内の原爆被爆者や731部隊に関する写真を撮影してきた。

 岡村さんは、編集委員長を務めた元船員らの証言集「ビキニ核被災ノート」の発刊後、ビキニ環礁付近での水…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文833文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです