メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

制度を考える/上 未作成・廃棄懸念 法成立時に指摘

 森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん、「ない」とされた自衛隊の国連平和維持活動(PKO)の日報が見つかった問題など、政府の公文書管理を巡る不祥事が噴出している。なぜ防げなかったのか。防ぐにはどうすればよいか。制度の在り方を3回にわたって考える。初回は、こうした問題の多くが実は9年前の公文書管理法成立時に懸念されていたことを検証する。【大場弘行、片平知宏】

この記事は有料記事です。

残り2249文字(全文2428文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです