野党

終盤国会 不信任案・動議を連発し抵抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 22日の今国会会期末が迫るなか、与野党の攻防が激しさを増している。立憲民主党など野党は閣僚や重要法案を扱う委員会の委員長の不信任決議案などを次々と提出し抵抗。反対する法案の成立阻止は難しいものの、与党の「強引な国会運営」を印象づけて、世論に訴える考えだ。【遠藤修平、立野将弘】

 立憲の辻元清美国対委員長は18日、検討している内閣不信任案の提出について「何回出しても足りないくらいだ。(財務省の決裁)文書改ざん一つで不信任になる」と記者団に強調。19日に野党の党首・幹事長レベルで協議する考えを示した。

 与党がカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を19日の参院内閣委員会で採決する構えをみせているのに対し、国民民主党など野党が提出した石井啓一国土交通相に対する問責決議案は18日午前の参院本会議で否決された。しかし、立憲、国民など野党は午後になり衆院に石井国交相に対する不信任決議案を共同提出した。共産の穀田恵二国対委員長は「災害対策よりカジノ(優先)で進行している政治の先陣を切って走っている国…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1185文字)

あわせて読みたい

注目の特集