メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継がれぬ遺志

「マンデラ後」の南ア/中 公共事業、私腹肥やす政治家 黒人救済「名ばかり」

「政治家は金もうけしか頭にない」と憤るエフレイム・ドラミニさん=フレーデで6月27日、小泉大士撮影

 「黒人農家の所得を向上させる」。2012年、南アフリカ中部・自由州の人口2万人に満たない町フレーデ。集会所に集められた住民に、町出身の有力政治家、ズワネ氏が数時間をかけて、有望な事業について説明した。「政府予算で酪農場を造り、地元農家が51%の株を保有できる事業だ」。約150人の雇用を生み、診療所や道路も整備するという。

 政府の支援との触れ込みに乗り気になった地元の農民組合員らは、次々「受益者」となる承諾書にサインをした。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです