メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

比較生産費説が成り立たなくなった世界=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 トランプ米大統領の保護主義的な政策で世界的な貿易戦争までもが心配されているというのに米国の株式市場は好調を続けている。どうも、従来の経済理論では説明しきれない事態が生じてきているようだ。

 そこで気になるのが、今日、リカードの比較生産費説が成り立たなくなっているという説。昨年、話題になった「大不平等」という本で、著者のブランコ・ミラノビッチ教授が唱えている。比較生産費説の説明でリカードが使ったのは、英国とポルトガルのワインと布地の生産のケースだった。ワインと布地とどちらについてもポルトガルの方が生産費が安いとしても、英国における相対的な生産費(比較生産費)が…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです