メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

「メモ」共有なら公文書 意思決定過程、記録残すべきだ 法案作成時の責任者

公文書管理の課題について語る山崎日出男・元内閣官房内閣審議官=東京都新宿区で、片平知宏撮影

 森友、加計両学園や防衛省の日報問題など、公文書のあり方が問われる事態が相次いでいる。2009年6月に成立した公文書管理法の法案作成に事務方の責任者として携わった山崎日出男・元内閣官房内閣審議官が退官後初めて毎日新聞の取材に応じ、公文書管理の課題を語った。

 --公文書の扱いに国民の不信感が高まっています。

 ◆いくつか課題があると考えています。重要なのは政府の意思決定過程を明確にし、後世に検証可能にする、…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです