メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

「メモ」共有なら公文書 意思決定過程、記録残すべきだ 法案作成時の責任者

公文書管理の課題について語る山崎日出男・元内閣官房内閣審議官=東京都新宿区で、片平知宏撮影

 森友、加計両学園や防衛省の日報問題など、公文書のあり方が問われる事態が相次いでいる。2009年6月に成立した公文書管理法の法案作成に事務方の責任者として携わった山崎日出男・元内閣官房内閣審議官が退官後初めて毎日新聞の取材に応じ、公文書管理の課題を語った。

 --公文書の扱いに国民の不信感が高まっています。

 ◆いくつか課題があると考えています。重要なのは政府の意思決定過程を明確にし、後世に検証可能にする、…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 月刊サッカー プレーから経営、2人の転身 札幌・野々村芳和社長/セ大阪・森島寛晃社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです