メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川・直木賞

芥川賞に高橋弘希さん 直木賞に島本理生さん

 第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に高橋弘希さん(38)の「送り火」(文学界5月号)、直木賞に島本理生さん(35)の「ファーストラヴ」(文芸春秋)が選ばれた。高橋さんは4回目、島本さんは2回目の候補での受賞。東日本大震災関連の既刊本との類似表現が指摘された北条裕子さん(32)の「美しい顔」(群像6月号)は受賞を逃した。贈呈式は8月下旬、都内で行われ、正賞の時計と賞金100万円が贈られる。(6面に高橋さんの「ひと」)

 高橋さんは文教大卒。2014年に「指の骨」で新潮新人賞を受賞しデビュー。同作は芥川賞と三島由紀夫賞…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです