メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川・直木賞

芥川賞に高橋弘希さん 直木賞に島本理生さん

 第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に高橋弘希さん(38)の「送り火」(文学界5月号)、直木賞に島本理生さん(35)の「ファーストラヴ」(文芸春秋)が選ばれた。高橋さんは4回目、島本さんは2回目の候補での受賞。東日本大震災関連の既刊本との類似表現が指摘された北条裕子さん(32)の「美しい顔」(群像6月号)は受賞を逃した。贈呈式は8月下旬、都内で行われ、正賞の時計と賞金100万円が贈られる。(6面に高橋さんの「ひと」)

 高橋さんは文教大卒。2014年に「指の骨」で新潮新人賞を受賞しデビュー。同作は芥川賞と三島由紀夫賞の候補にもなり、一躍注目された。今回の受賞作は、正統派で純文学らしい、細密な文体で少年たちの物語をつづっている。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです