メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り継ぐ オウム事件と私

オウム事件と私/6 思考停止の恐怖 元東京地裁裁判長・山崎学さん(69)

 <一連の事件で死刑が確定した13人のうち、地下鉄サリン事件の実行役である横山真人、豊田亨、広瀬健一の3死刑囚に1審で死刑を言い渡した>

 3審制の下、被告に直接「死刑」と宣告したのは1審の裁判長だけです。それはやはり重い。執行について感想を言うべきではないと思います。ただし、なぜこれほどの事件が起きたのか、裁判を通じて感じたことをお話ししたい。

 <教祖の松本智津夫元死刑囚は1999年9月、豊田、広瀬両死刑囚、杉本繁郎受刑者(無期懲役確定)が一緒に審理された公判に証人出廷し、地下鉄サリン事件での共謀を否定。同11月には杉本受刑者から「いいかげんに目を覚ませ」と追及され、「失礼じゃないか」と言い返した>

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです